高断熱な家~断熱材について~

家をつくる際、必要不可欠な断熱材。冬は暖かく、夏は涼しく、心地よく暮らすために、重要な役割を担っています。

ここで、断熱材はどんなものを選んだ方がいいのか、青森ハウススタジオではどんな断熱材をご提案しているのか、ご紹介したいと思います。


断熱材ってどんな種類があるの?

断熱材には、大きく分けて2種類あります。

それは、

  • 繊維系断熱材

  • 発泡プラスチック系断熱材

の2つです。


繊維系断熱材の中でも代表的なのは、グラスウール。聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。極細のガラス繊維で出来ていて、特に防音性に優れています。比較的安価で高機能なのでよく使われますが、年数が経つと、へたって隙間が生じ、気密性が低くなるケースが見受けられます。


青森ハウススタジオお勧めしているのは、

発泡プラスチック系断熱材の、 硬質ウレタンフォームというものです。


建築現場で特殊な機械を使用し、外壁と内壁の間にムラなく施工することが出来ます。プラスチック内部に熱を伝えにくいガスを泡状に抱き込ませることで、外気温の影響を室内に与えないという特徴があります。 比較的高価な部類に入りますが、湿気に強く、経年によるへたりに強いので、長期的に見た時に安心な断熱材です。 寒冷地の青森県だからこそ、断熱材はハイスペックなものを使用されることをお勧めします。


それでは、高断熱な家はなぜ暮らしやすいのか、具体的に見ていきましょう!

ECO&節電

高断熱な家は、エアコン等、冷暖房器具の効率が良くなります。つまり、素早く暖まり、素早く涼しくなります。そして運転時間も減り、電気代などの冷暖房費が抑えられます。

また、省エネ住宅にすると、国や金融機関が設けている優遇制度が利用できることもあります。節電・節約で、地球にもお財布にも優しい家にしましょう。

健康で心地よい暮らし

「ヒートショック現象」というのを聞いたことはありますか?

気温の差の激しい場所への移動で倒れてしまうことを表しています。

寒い家だと、お風呂からあがった後など、このヒートショック現象を起こす可能性が高まります。近年この温度差を少なくすることが家づくりにおいても、重要視されています。

寒冷地である青森県の冬は厳しいですよね。暖かく快適な家を実現するには、断熱性能がとても重要なのです。


青森ハウススタジオは、快適で、地球にも人にも優しい家づくりを目指しています。

そのためには、断熱材が重要な役割を果たしています。


断熱材や家づくりの事でお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね♪

株式会社ワールドウィンズ

 

〒036-8095 青森県弘前市大字城東5丁目13-6 203

TEL:0172-88-7174 FAX:0172-26-8040

MAIL:info@world-wins.com

一般建設業許可番号 青森県知事許可(般-26)第200617号

下記のペレットストーブ代理店です

​提携家具ショップ

​顧問弁護士