外壁はどうやって選んだらいいの?

外壁は、外からの家の印象を大きく左右します。

見た目だけではなく、耐久性や汚れにくさなども気になる方が多いのではないでしょうか。

素材別にみていきましょう!


タイル

外壁タイルは、贅沢で華やかな雰囲気になるのがいいですね。


メリット

剥離やひび割れも少なく、耐久性◎

目地に付く汚れやカビをたまに落とすようにする程度でお手入れはOK


デメリット

初期費用がサイディングなどよりかかる。


お手入れも簡単で、耐久性もあるので、長い目で見るとコスパが良い素材です。

種類も豊富なので、洋風、和風、モダンスタイル、いろいろなタイプの家に対応できます。


サイディング

サイディングは、デザインが豊富で材質も色々あるので、好みに合ったものを選べるのが魅力。


メリット

誰が施工しても安定した品質が得られる

費用は安いものから高いものまで様々。予算によって選ぶことが出来る。


デメリット

継ぎ目部分が劣化しやすい


メンテナンスには気を付ける必要があるが、耐久性もあり、総合的に判断して選びやすい素材。


ガルバリウム

モダンな雰囲気のガルバリウム外壁。


メリット

防水性・防食性◎水洗いができる。

継ぎ目ができないので浸入した水による傷みがない。


デメリット

初期費用が比較的高い。

デザイン的にはバリエーションが少ない。


長期的にきれいな状態を保ちやすく、メンテナンスも楽。モダンで都会的な雰囲気が好きな人にはぴったり。




モルタル

味わいのある風合いが魅力のモルタル仕上げ。


メリット

デザインの自由度が高い。

細かいひびであれば自分で補修も可能。


デメリット

ひびが入りやすい。塗装を厚めに施すことで予防できる。

長くきれいな状態を保つには細めなメンテナンスを。


塗り壁

メリット

塗り方によって様々に風合いを生み出せる。

自然素材の温もり。

シックハウス症候群・アレルギー対策としても◎


デメリット

ひびが入りやすい。

しかし塗料の改良により耐久性の高い丈夫な塗り壁も増えている。


自然素材ならではの風合いは、他の素材では代用できない魅力があります。


外壁の色を決める際は、できるだけ実際の建物の外壁に使われているものを参考にすると失敗が少ないでしょう。小さなサンプルだけを見て決めてしまうと、実際大きな面積の外壁になった時、イメージと違った…なんてことも多いんです。


また、好きな色という理由だけでなく、周囲の景観に合うかどうかも、気にしたほうがよいでしょう。一軒だけ浮いたり、目立ってしまうような色は、防犯上もあまりよくありません。


どんな家にしたいのか、家族とよく話し合って、みんなが愛着を持てるような家になるといいですね(*^-^*)


36回の閲覧

株式会社ワールドウィンズ

 

〒036-8095 青森県弘前市大字城東5丁目13-6 203

TEL:0172-88-7174 FAX:0172-26-8040

MAIL:info@world-wins.com

一般建設業許可番号 青森県知事許可(般-26)第200617号

下記のペレットストーブ代理店です

​提携家具ショップ

​顧問弁護士